明神池

明神池

上高地、穂高神社(ほたかじんじゃ)の奥宮の神域内にあり、荘厳なムードを漂わせる明神池(みょうじんいけ)。ここは穂高神社の神域なので、拝観料を入口で支払い、散策します。針葉樹林に囲まれたひょうたん形の池で、池畔には遊歩道も整備されており、池ではイワナやマガモも観察できます。上高地バスターミナルからは徒歩で1時間ほど。

明神岳や前穂高岳を眺望する穂高神社奥宮の神池

明神池
明神池
明神池

明神岳を仰ぐ一之池

明神池

森に囲まれた神秘的な二之池

明神池は一之池と二之池、大小2つからなる池で、梓川の古い流路が、明神岳からの崩落によって生まれた堰止湖。
伏流水が湧き出ているため、冬でも凍結しません。

池の入口(穂高神社奥宮参道入口)には、明治26年、ウォルター・ウェストン(Walter Weston)を前穂高岳に案内したことをきっかけに、槍穂高のガイドを担った上條嘉門次ゆかりの小屋が現存(国の登録有形文化財)。
宿泊できるだけでなく、囲炉裏で焼かれた岩魚やそばを味わうこともできます。

穂高神社奥社の『御船神事』
10月8日に明神池で行なわれる『御船神事』(おふねしんじ)は穂高神社が海神族の守り神だったことを今に伝える祭事。
安曇野を拓いた安曇氏(あずみうじ=阿曇氏)は海神である綿津見命(わたつみのみこと)を祖とし、古代、北九州で活躍した海人族だったのです。
『御船神事』は、雅楽が奏でられるなか、龍頭鷁首(りゅうとうげきしゅ)の2艘の御船を池に浮かべる雅な祭り。
穂高にある本宮の『御船祭』は9月27日に斎行。

明神池

 

泊まって納得! 取材班おすすめの上高地のリゾートホテル

せっかく上高地を訪れるなら、ぜひとも泊まってほしいというのが取材班の願い。
というのも、上高地の真髄は、日帰り客のいなくなった朝夕にこそあるのだから。
早起きして大正池へと歩けば、朝もやに包まれた幻想的な光景に出会うことができるかもしれません。
河童橋に渋滞がないのも、朝夕に限られます。
ただし、ハイシーズンには1泊2食付きで2万円以上の宿が多く、ファミリーには財布の中身が気になるところ。
そんな上高地でおすすめは、アルピコ(松本電鉄)グループで天然温泉(上高地温泉)の上高地ルミエスタホテル(旧・上高地清水屋ホテル)、河童橋近くの一等地に建つ五千尺ホテル、そして憧れの上高地帝国ホテル。
この3つが上高地3大リゾートホテルともいえる宿です。

上高地ルミエスタホテル

地下150mから汲み上げる自家源泉の温泉ホテル。上高地に天然温泉というと意外に感じる人もいますが、源泉かけ流しの風呂を備えています。
夕食は定評ある「上高地フレンチ」です。

五千尺ホテル

大正7年、「旅舎五千尺」として開業した上高地の老舗ホテル。
夕食は、こだわりの「五千尺キュイジーヌ」で、五千尺農園産の野菜が使われています。
この宿を基地に上高地を散策する常連が多い宿としても知られています。
宿泊者専用の喫茶コーナーも素敵。

上高地帝国ホテル

日本初の本格的な山岳リゾートホテルとして昭和8年に誕生した、アルピニストにも憧れのホテル。
泊まることができなくても「カジュアルレストラン アルペンローゼ」でランチ、「カフェ グリンデルワルト」での喫茶はぜひ。
上高地帝国ホテルのシンボル、マントルピースは、「カフェ グリンデルワルト」にあります。
河童橋と大正池の間に位置するので、ここを基地にすれば上高地の散策も存分に楽しめます。

もう少しエコノミーに泊まりたい人は、この宿を予約!

上高地はグリーンシーズンだけの季節営業ということもあって、宿泊料金が高いのが難点。
少し頑張って、岳沢や横尾あたりまで歩いて山小屋に泊まる手もありますが、個室を使えば1万円はオーバーしてしまいます。
そこで注目は、エコノミー派の味方の宿。
ドミトリールーム(2段ベット相室専用室、男女別の部屋があります)を有する朝焼けの宿 明神館、大正池の畔にある上高地大正池ホテルあたりなら、エコノミー派でも手が届きます。

朝焼けの宿 明神館

昼時には人の多い河童橋周辺から離れた明神地区にある一軒宿。
穂高岳の朝焼けを一番美しく見ることができるので、朝焼けの宿というキャッチが付けられています。
明神岳を眺められるようテラスが設置されていて、早朝の明神池への散歩も素敵です。
登山基地にもなっていて、登山者の利用も多いのが特徴。

上高地大正池ホテル

トップシーズンを外せば2万円以下で宿泊できて、目の前が大正池という点ではコストパフォーマンスのいい宿。
さらにコストにこだわる人は、シーズンを外し(9月上旬など)、林側の部屋のチョイスを。

 

明神池 DATA

名称 明神池/みょうじんいけ
所在地 長野県松本市安曇上高地
関連HP 上高地公式ウェブサイト
電車・バスで 松本電鉄新島々駅から松本電鉄バス上高地行きで1時間10分、終点下車、徒歩1時間
ドライブで 長野自動車道松本ICから約33kmで沢渡地区駐車場。路線バス・タクシーで上高地へ(マイカー規制実施中)。上高地バスターミナルから徒歩1時間
駐車場 沢渡地区駐車場(2156台/有料)
問い合わせ 松本市安曇支所 TEL:0263-94-2301
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

穂高神社

2018.08.04

上高地バスターミナル(上高地観光センター)

2018.07.26

嘉門次小屋

2018.07.26

穂高神社奥宮例大祭『御船神事』(松本市・上高地)

2016.08.08

【信州の池】穂高神社の神域 明神池(松本市・上高地)

2016.08.08

穂高神社の御船祭り(安曇野市穂高)

2016.06.20
明神池

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!