木崎湖

木崎湖

長野県大町市にある仁科三湖(にしなさんこ)のうちで、もっとも大町市街寄りに位置する、湖面標高764m、周囲6.5kmの湖が木崎湖(きざきこ)。仁科三湖と呼ばれる三湖のうち、中綱湖、青木湖と同様、フォッサ・マグナ(糸魚川・静岡構造線)の地溝上にできた湖で、扇状地による堰止め湖。最深部は30mほどの深さがあります。

木崎湖の固有種・キザキマスも棲息

構造的には鹿島川扇状地による堰止め湖。
鹿島川の扇状地が発達し、農具川を東に追いやって堰き止め、木崎湖が生まれたのだと推測されています。
この扇状地は、美味しい米の生産地にもなっています。
仁科の「科」は丘のような地形を意味する言葉なので、仁科三湖のような堰止め湖にはピッタリともいえる地名です。

「レジャーの木崎湖」と呼ばれる通り、釣り・湖上スポーツやキャンプ、スカイスポーツが盛ん。
南岸の木崎湖温泉に、木崎湖モダンボート、木崎湖キャンプ場(バンガローもあります)、北岸の海の口地区に小熊山でパラグライダーを実施する木崎湖フライトパークが営業しています。

湖西岸の小熊山(1302.7m)へのトレッキングは、木崎湖キャンプ場から登り1時間45分、下り1時間15分(木崎湖展望地まではさらに30分)で、鹿島槍ヶ岳や爺ヶ岳を眺望、木崎湖を眼下にできます。

湖には、ワカサギ、鯉、フナなどのほかに、木崎湖の在来種という説もあるキザキマス(サクラマスの仲間で全長40cmにも達する大型のマス)が棲息。

湖南岸には、葛温泉から引湯した木崎湖温泉(日帰り入浴施設「ゆーぷる木崎湖」)があり、割烹旅館「だるまや本店」など湖魚料理が味わえる宿もあるので、観光に基地としても絶好です。

いしだあゆみがマドンナ役となったシリーズ第29作目の『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』では、冒頭のシーンに木崎湖が使われています。
テレビアニメ『おねがい☆ティーチャー』、『おねがい☆ツインズ』の舞台でもあり、近年はアニメの聖地としても注目されています。

名称 木崎湖/きざきこ
所在地 長野県大町市平
関連HP 大町市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR信濃木崎駅から徒歩15分
ドライブで 長野自動車道安曇野ICから約32km
駐車場 木崎湖市営駐車場(70台/有料)
問い合わせ 大町市観光協会 TEL:0261-22-0190/FAX:0261-22-5593
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
仁科三湖

仁科三湖とは!?

仁科(にしな)とは長野県大町市から安曇野(あずみの)にかけての総称で、古代、この地を領有した仁科氏(垂仁天皇の弟・仁品王が祖という)に由来する地名。大町市の北部にある青木湖、中綱湖、木崎湖の3つの湖が仁科三湖で、「思索の青木湖」、「釣りの中

木崎湖

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!