信濃国分尼寺跡(信濃国分寺史跡公園)

信濃国分尼寺跡(信濃国分寺史跡公園)

古代に信濃国の国府があったとも推測される長野県上田市にある古代寺院跡が、信濃国分尼寺跡。仏教を国家鎮護に用いるため、聖武天皇は天平13年(741年)に諸国に国分寺、国分尼寺を建立する詔(みことのり)を発していますが、それを受けて信濃国に創建した国分尼寺の跡で、信濃国分寺史跡公園として整備されています。

国分尼寺の貴重な遺構が発掘され、公園に

信濃国の国分寺(正式名は金光明四天王護国之寺)、国分尼寺(法華滅罪之寺)がどこにあったのかは長らく不明でしたが、昭和38年〜昭和46年に信濃国分寺跡の発掘調査が行なわれ、遺構や遺物が発見され、伝承などからその西側を発掘したところ、80間(148m)四方の寺域のなかに、国分尼寺の中門、金堂、講堂、回廊、経蔵、鐘楼、尼房、北門などの礎石、基壇が発見されたもの。
国分寺の築地と国分尼寺の築地は、40mしか離れていません。

伽藍は、中門・金堂・講堂が南北一直線にならび、中門と講堂を回廊で連絡させ、さらに、塔を金堂の東南に置く、東大寺方式で、規模、伽藍配置とも信濃国分寺と同じです。
金堂には、釈迦牟尼仏を安置し、経蔵には経典が納められ、鐘楼には梵鐘が下がっていました。

昭和42年には、国分尼寺跡の北東200m、国道18号沿いの地点から国分寺瓦を焼いたとみられる窯跡が2基発見されています。

信濃国分寺、信濃国分尼寺とともに信濃国分寺史跡公園として整備されていますが、斜めにしなの鉄道が横断しています。
信濃国分寺、信濃国分尼寺の出土品は、信濃国分寺史跡公園内の信濃国分寺資料館に収蔵展示されています。

名称 信濃国分尼寺跡(信濃国分寺史跡公園)/しなのこくぶんにじあと(しなのこくぶんじしせきこうえん)
所在地 長野県上田市国分
関連HP 上田市公式ホームページ
電車・バスで しなの鉄道信濃国分寺駅から徒歩5分
ドライブで 上信越自動車道上田菅平ICから約4.5km
駐車場 信濃国分寺資料館駐車場を利用
問い合わせ 信濃国分寺資料館 TEL:0268-27-8706
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
信濃国分寺跡(信濃国分寺史跡公園)

信濃国分寺跡(信濃国分寺史跡公園)

長野県上田市にある聖武天皇の詔(みことのり)で信濃国に創建された古代寺院、国分僧寺(正式名は金光明四天王護国之寺)の跡が信濃国分寺跡。仏教による国家鎮護のため、天平13年(741年)の詔で諸国に築かれた国分寺のひとつで、信濃国分寺史跡公園と

信濃国分寺

信濃国分寺

長野県上田市国分にある天台宗の寺が信濃国分寺(しなのこくぶんじ)。聖武天皇の詔(みことのり)で創建された信濃国国分寺の後継寺院で、南側300mほどのところには信濃国分寺跡があります。松本平に国府が遷される以前には小県郡(ちいさがたぐん)、つ

信濃国分寺資料館

信濃国分寺資料館

長野県上田市にある信濃国分寺跡、信濃国分尼寺跡を整備した信濃国分寺史跡公園の中核施設が信濃国分寺資料館。国分寺、国分尼寺の遺構を埋め戻し、基壇復元方法によって造園した5.5haの史跡公園で、国分寺跡、国分尼寺跡の発掘調査での出土品や上田地方

科野大宮社

科野大宮社

長野県上田市にある古社で、信濃国総社とされるのが科野大宮社(しなのおおみやしゃ)。総社とは、律令制度の設立で国府に赴任した国司が、当初は国内の神社に巡礼していたのを簡略化するため、祭神を集めて祀った神社のこと。国司が務める国庁近くに創建され

信濃国分尼寺跡(信濃国分寺史跡公園)

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!