信濃国分寺資料館

信濃国分寺資料館

長野県上田市にある信濃国分寺跡、信濃国分尼寺跡を整備した信濃国分寺史跡公園の中核施設が信濃国分寺資料館。国分寺、国分尼寺の遺構を埋め戻し、基壇復元方法によって造園した5.5haの史跡公園で、国分寺跡、国分尼寺跡の発掘調査での出土品や上田地方の原始・古代の資料を展示した資料館です。

長野県の古代から律令政治への移行を学ぶ

信濃国分寺資料館

現在の上田市は、大和朝廷の任命した、科野国造(しなののくにのみやつこ)の根拠地で、国司が赴任する最初の信濃国府も小県郡(ちいさがたぐん=現在の上田市)にあったと推測され、国司が参拝する信濃国総社、さらには国分寺、国分尼寺も築かれ、古代の科野国(信濃国)の政治・文化の中心だったことがわかっています。

ヤマト王権と科野(信濃)を結ぶ東山道(とうざんどう)も都から近江国、美濃国(岐阜県南部)を通り、恵那山・神坂峠(みさかとうげ)を越えて科野国(信濃国)へ入り伊那、諏訪、・小県、佐久の各郡を経て碓氷峠(うすいとうげ)で上毛野国(かみつけのくに/上野国=群馬県)へと入りました。

信濃国分寺資料館の常設展示では、原始から平安時代までを狩猟の時代(旧石器時代)、土器のはじまり(縄文時代)、稲作のはじまり(弥生時代)くにのはじまり(古墳時代)、古代の信濃、仏教信濃へ、信濃国分寺、上田の文化財という8つのテーマに区分して紹介しています。

信濃国分寺跡、信濃国分尼寺跡の基壇などとともに見学すれば、より古代への造詣が深まることでしょう。

信濃国府は、当初は小県郡(現・上田市)にあり、その後、律令制度の充実とともに松本平(現・松本市国府町周辺)に移ったとされていますが、その遺構は見つかっていません。

名称 信濃国分寺資料館/しなのこくぶんじしりょうかん
所在地 長野県上田市国分1125
関連HP 信濃国分寺資料館公式ホームページ
電車・バスで しなの鉄道信濃国分寺駅から徒歩5分
ドライブで 上信越自動車道上田菅平ICから約4.5km
駐車場 50台/無料
問い合わせ TEL:0268-27-8706
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
信濃国分寺跡(信濃国分寺史跡公園)

信濃国分寺跡(信濃国分寺史跡公園)

長野県上田市にある聖武天皇の詔(みことのり)で信濃国に創建された古代寺院、国分僧寺(正式名は金光明四天王護国之寺)の跡が信濃国分寺跡。仏教による国家鎮護のため、天平13年(741年)の詔で諸国に築かれた国分寺のひとつで、信濃国分寺史跡公園と

信濃国分尼寺跡(信濃国分寺史跡公園)

信濃国分尼寺跡(信濃国分寺史跡公園)

古代に信濃国の国府があったとも推測される長野県上田市にある古代寺院跡が、信濃国分尼寺跡。仏教を国家鎮護に用いるため、聖武天皇は天平13年(741年)に諸国に国分寺、国分尼寺を建立する詔(みことのり)を発していますが、それを受けて信濃国に創建

信濃国分寺

信濃国分寺

長野県上田市国分にある天台宗の寺が信濃国分寺(しなのこくぶんじ)。聖武天皇の詔(みことのり)で創建された信濃国国分寺の後継寺院で、南側300mほどのところには信濃国分寺跡があります。松本平に国府が遷される以前には小県郡(ちいさがたぐん)、つ

科野大宮社

科野大宮社

長野県上田市にある古社で、信濃国総社とされるのが科野大宮社(しなのおおみやしゃ)。総社とは、律令制度の設立で国府に赴任した国司が、当初は国内の神社に巡礼していたのを簡略化するため、祭神を集めて祀った神社のこと。国司が務める国庁近くに創建され

信濃国分寺資料館

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!