栂池パノラマウェイ

栂池パノラマウェイ

長野県小谷村、栂池高原と栂池自然園を結ぶ6人乗りのゴンドラリフト「イヴ」と、71人乗りの栂池ロープウェイを総称したのが、栂池パノラマウェイ。人気の栂池自然園へと上るルートのため、観光シーズンの土休日などには乗車に時間待ちのことがあるので、なるべくなら平日の利用がおすすめです。

ゴンドラリフトとロープウェイを乗り継ぐ

ゴンドラリフト「イヴ」(栂池高原駅〜白樺駅〜栂の森駅/全長4120m、乗車時間約20分)と栂池ロープウェイ(栂大門駅〜自然園駅/全長1200m、乗車時間約5分)をあわせた全長は5320mにも及びます。
リフトの起点、栂池高原駅は標高831m。
ロープウェイの終点自然園駅は標高1839mで、標高差1008mを結んでいます。
ゴンドラリフト「イヴ」の終点・栂の森駅と栂池ロープウェイ・栂大門駅は、250mほど離れ、林道を少しだけ歩きます。

栂池ロープウェイの終点、栂池高原駅から10分ほど歩いた栂池自然園入口には、栂池ビジターセンター、そして宿泊、食事、土産の購入ができる栂池山荘、栂池ヒュッテが営業しています。

山麓側の栂池高原駅の横には日帰り入浴施設「栂の湯」があり、汗を流すことも可能。
栂の湯の屋上は展望テラスになっています。

八方尾根の八方ゴンドラリフト「アダム」、アルペンクワッドリフト、グラートクワッドリフトを乗り継ぐ「八方アルペンライン」、岩岳(白馬岩岳マウンテンリゾート)のゴンドラリフト「ノア」と並ぶ、白馬連峰のアルペンムードを満喫する人気の観光ルートになっています。

栂池パノラマウェイ
栂池ロープウェイ
栂池パノラマウェイ
名称 栂池パノラマウェイ/つがいけぱのらまうぇい
所在地 長野県北安曇郡小谷村千国乙
関連HP 栂池パノラマウェイ公式ホームページ
電車・バスで JR白馬駅からアルピコ交通白馬乗鞍行きバスで27分、栂池高原下車
ドライブで 上信越自動車道長野ICから約54km。または、長野自動車道安曇野ICから約58km
駐車場 中央駐車場(300台/有料)、第2駐車場(200台/無料)
問い合わせ 栂池パノラマウェイ TEL:0261-83-2255
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
栂池ロープウェイ

栂池ロープウェイ

長野県小谷村、雲上の楽園と呼ばれる栂池自然園へと上る、栂池パノラマウェイ。栂池ゴンドラリフト「イヴ」と栂池ロープウェイを乗り継ぐ総称が、栂池パノラマウェイで、山上側にあるのが71名乗りのゴンドラで雲上へと運ぶ栂池ロープウェイ(栂大門駅〜自然

栂池ゴンドラリフト「イヴ」

栂池ゴンドラリフト「イヴ」

長野県小谷村、雲上の楽園と呼ばれる栂池自然園へと上る、栂池パノラマウェイ。栂池ゴンドラリフト「イヴ」と栂池ロープウェイを乗り継ぐ総称が、栂池パノラマウェイで、まず、乗車するのが栂池高原に乗り場がある栂池ゴンドラリフト「イヴ」(栂池高原駅〜白

八方アルペンライン

八方アルペンライン

長野県北安曇郡白馬村、標高760mの八方から標高1831mの八方尾根の第1ケルン(村営八方池山荘)まで運行する、3種のゴンドラリフト、リフトの総称が、八方アルペンライン。長野オリンピックのスキー滑降コースのスタート地点まで上るもので、アルペ

栂池パノラマウェイ

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!