親海湿原

親海湿原

長野県白馬村、姫川の源流(姫川源流自然探勝園)の南に位置するのが親海湿原(およみしつげん)。日本海と太平洋を隔てる中央分水嶺の北側にある直径300mほどの凹地で、底部は標高744m。冬の豪雪地帯を反映して、亜高山帯から高山帯にかけて生育する低層・高層の湿原植物が豊富で、長野県下で唯一のホロムイソウの自生地。

かつての田んぼが貴重な湿原に

親海湿原(およみしつげん)には木道やウッドチップ舗装の周回路も整備され、一周20分ほどで探勝できます。
5月のミツガシワ、6月のカキツバタ・サワオグルマ・サギスゲ、7月のコオニユリ・サワギキョウ・コバギボウシ・ドクゼリ、8月のアカバナ・ミソハギ・イタチササゲ・オオバセンキュウ、9月のサワギキョウ・ノコンギクとお花見ハイキングにも絶好。

群落一帯は長野県の自然環境保全地域に指定され、環境保護のため車の乗り入れはできないため、さのさかスキー場駐車場に駐車し、徒歩でアプローチします。
時間が許せば、遊歩道途中で分岐する姫川源流自然探勝園にも寄り道を。
第1駐車場から親海湿原入口まで徒歩10分。

ちなみに現在は湿原ですが、江戸時代~昭和初期には田んぼとして開墾されていた歴史があり、戦後、耕作する人が減って、昭和50年ころから徐々に湿原に戻ったものです。

名称 親海湿原/およみしつげん
所在地 長野県北安曇郡白馬村神城
関連HP 白馬さのさか観光協会公式ホームページ
ドライブで 上信越自動車道長野ICから約42.2km。または、北陸自動車道糸糸魚川ICから約53.4km
駐車場 さのさかスキー場駐車場を利用
問い合わせ 白馬さのさか観光協会 TEL:0261-75-2811/FAX:0261-75-2938
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
姫川源流自然探勝園

姫川源流自然探勝園

長野県白馬村にある一級河川・姫川の源流が姫川源流自然探勝園。過去には水質ランキング日本一にも輝く一級河川・姫川。国道近くに一級河川の源流、中央分水嶺(日本海と太平洋の分水嶺)が位置する貴重な場所で、源流部は姫川源流湧水として環境省の名水百選

親海湿原

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!