青鬼の棚田

青鬼の棚田

重要伝統建造物群保存地区に指定される白馬村青鬼(あおに)地区ですが、白馬連峰を眺望する絶景の青鬼の棚田は、「日本の棚田百選」にも選定。長野県内には1万2000haもの棚田がありますが、もっとも絶景なのが青鬼の棚田。現在は白馬村の特産品である紫米(古代米)などの作付けも行なわれ、耕作放棄に歯止めがかかっています。

白馬連峰眺望の棚田は「日本の棚田百選」選定

小谷村との境界に位置する岩戸山(1356.3m)の麓の山村集落、青鬼。
青鬼の棚田の棚田は、標高750m〜810mの場所に、200枚ほどあり、総面積は4.2haで数戸の農家が耕作しています。
棚田の水は江戸時代に完成した青鬼堰の水を今も活用し、平均勾配は15分の1となっています。
法面(のりめん)は美しい石積みになっています。

青鬼堰(青鬼上堰)は万延元年(1860年)に着工、4年の歳月をかけ岩盤(延長290m)をノミで刻んで開削した総延長3kmの用水路です。
山に囲まれた青鬼地区は、他の品種との交配が起こりにくいため、紫米(古代米)の栽培に適しているのです。
青鬼の棚田では、「南京香稲」(なんきんこうとう=もち米)と「朝紫」(あさむらさき)の2種類を栽培し、国道148号沿いの道の駅白馬で、「紫舞」のブランドで販売。

青鬼の棚田から眺望の山々は、五龍岳(2814m)を正面に、右に八方尾根がのびる唐松岳(2695.9m)、左に鹿島槍ヶ岳(2889.2m)で(一般的に五龍岳以北が白馬連峰)、白馬三山は手前の尾根に隠れて見えません。

名称 青鬼の棚田/あおにのたなだ
所在地 長野県北安曇郡白馬村北城
ドライブで 長野自動車道安曇野ICから約57km。上信越自動車道長野ICから約50km
駐車場 集落入口公共駐車場(有料)
問い合わせ 白馬村観光農政課 TEL:0261-72-5000
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

【歩かず眺める白馬・大町絶景BEST33】第6位は青鬼の棚田

取材班が白馬村・小谷村・大町市・池田町・松川村を縦横無尽に調べた結果、取材班が選んだ【白馬・大町歩かず眺める絶景BEST33】を選定。第6位は白馬村で日本棚田百選に選定の棚田です。白馬連峰一望の絶景の棚田は幕末に開墾白馬村には意外に田んぼが

白馬村青鬼伝統的建造物群保存地区

白馬村青鬼伝統的建造物群保存地区

長野県白馬村の東山(小高い丘陵が連なる東側のエリア)にある集落で、かつて善光寺・戸隠詣での往来で栄えた善光寺街道柄山峠越え(からやまとうげごえ)途中に位置したのが青鬼(あおに)。棚田の広がる59.7haの地区が国の重伝建である「白馬村青鬼伝

野平の棚田

野平の棚田

長野県白馬村で棚田というと「日本の棚田百選」に選定の青鬼(あおに)地区が有名ですが、同じ東山側の丘陵にあって、まだまだ穴場的な存在が野平地区。青鬼地区の南に位置し、区画改良が進んだ棚田から鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳、白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬

善光寺古道・柄山峠越え

善光寺古道・柄山峠越え

長野県白馬村、かつて善光寺・戸隠詣での往来で栄えた善光寺街道柄山峠越えの道は千国街道を分かれ、青鬼(あおに)、野平の集落を経て、柄山峠への登路となりました。野平から柄山峠への道は十三曲りと呼ばれるつづら折りで高度さを克服し、柄山峠を越えて鬼

青鬼の棚田

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!