水殿ダム

水殿ダム

槍ヶ岳を源に、上高地から峡谷となって松本平へと流れる梓川。その途中、電源開発用(揚水式発電)に築かれた安曇3ダム(奈川渡ダム、水殿ダム、稲核ダム)のうち、真ん中に位置するのが水殿ダム(みどのだむ)。水殿川の合流点に位置する高さ95.5mのアーチ式コンクリートダムで、ダム湖は水殿調整池と呼ばれています。

1基のダム湖水が2つの発電所で利用されている

上流にある奈川渡ダム(ながわどだむ)の梓湖を上池に、水殿ダムの水殿調整池を下池にして、奈川渡ダム直下の安曇発電所で揚水式発電が行なわれています。
さらに水殿ダム直下に水殿発電所を配置し、水殿調整池を上池に、下流の稲核ダムのダム湖を下池にした揚水式発電も実施。
夜間の余剰電力を利用して下池に貯水した水を上池に汲み上げ、電力需要の多い昼間に発電に用いるものですが、1基のダム湖の水が2つの発電所での揚水発電に使われるのは、ほかには中部電力の奥矢作第一・第二発電所(愛知県豊田市稲武町)の富永ダム(富永調整池)のみです。

ダムサイト右岸にふれあいダム広場が整備され(ふれあいダム広場まで車でアクセス可能)、ダム天端は歩道になっています。
国道158号沿いに、道の駅「風穴の里」もあり、ドライブ途中の休憩ポイントになっています。

名称 水殿ダム/みどのだむ
所在地 長野県松本市安曇稲核
関連HP 松本市公式ホームページ
電車・バスで 松本電鉄上高地線新島々駅からタクシーで15分
ドライブで 長野自動車道松本ICから約21km
駐車場 20台/無料
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
奈川渡ダム(梓湖)

奈川渡ダム(梓湖)

長野県松本市、北アルプスの鋭鋒・槍ヶ岳を源にする梓川(あずさがわ)にある堤高155.0mのアーチ式コンクリートダムが奈川渡ダム(ながわどだむ)。下流の水殿ダム(みどのだむ)、稲核ダム(いねこきだむ)とともに安曇3ダム(梓川3ダム)を形成。奈

稲核ダム

稲核ダム

かつての安曇村(現・松本市)を流れる梓川に築かれた3つの揚水式発電に使われるダムのうち、最下流に位置するのが稲核ダム(いねこきだむ)。昭和44年に完成したアーチ式コンクリートダムで、堤高60.0mと、3ダムの中では最も小さなダムとなっていま

水殿ダム

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!