白馬五竜テレキャビン

白馬五竜テレキャビン

長野県北安曇郡白馬村、五龍岳から派生する遠見尾根にある、エイブル白馬五竜の山頂エリア・白馬五竜高山植物園へと登るゴンドラリフトが白馬五竜テレキャビン。エイブル白馬五竜スキー場のとおみゲレンデに架かっており、とおみ駅とアルプス平駅の間を8人乗りのゴンドラが8分で結んでいます。

白馬五竜高山植物園とアルプスの展望台へ!

全長2013m、標高差699m(とおみ駅の標高は805m)のゴンドラリフトが、白馬五竜テレキャビン。
ゴンドラに8分ほど揺られ、標高1516mのアルプス平駅(山頂駅)を降りるとアルプス360(山頂レストラン あるぷす360・白馬五竜アルプスビジターセンター・アルプス大展望台)が営業。
一帯は白馬五竜高山植物園になっていて、高山植物の女王、コマクサも開花します。

地蔵の頭(1673m)・アルプス平自然遊歩道へは、アルプス展望ペアリフト(アルプス第1ペアリフト)を乗り継げばOKで、標高1621mまで運んでくれます。
テレキャビンはペット(犬)の乗車も可能だが、環境保護のためアルプス平駅での預かりとなるのでご注意を。

白馬五竜テレキャビン
白馬五竜テレキャビン
名称 白馬五竜テレキャビン/はくばごりゅうてれきゃびん
所在地 長野県北安曇郡白馬村神城22184-10
関連HP 白馬五竜高山植物園公式ホームページ
電車・バスで JR神城駅から徒歩30分
ドライブで 上信越自動車道長野ICから約42km。または、長野自動車道安曇野ICから約47km
駐車場 1500台/無料
問い合わせ 白馬五竜高山植物園 エスカルプラザ TEL:0261-75-2101/FAX:0261-75-2832
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
アルプス展望ペアリフト(アルプス第1ペアリフト)

アルプス展望ペアリフト(アルプス第1ペアリフト)

長野県北安曇郡白馬村、白馬五竜テレキャビンで上るアルプス平駅から白馬五竜高山植物園のなかを少し下るとアルプス展望ペアリフト(アルプス第1ペアリフト)乗り場があり、ここから白馬五竜高山植物園を横目に見ながらリフトに8分ほど揺られると、地蔵の頭

白馬五竜高山植物園

白馬五竜高山植物園

長野県北安曇郡白馬村、8人乗りゴンドラの白馬五竜テレキャビンに乗ってアルプス平駅に上がると、その一帯がアルプス平で、白馬五竜高山植物園があります。アルプス平駅で標高は1530m。高山植物の女王・コマクサなど300種以上の高山植物が植栽され、

アルプス平自然遊歩道

アルプス平自然遊歩道

長野県北安曇郡白馬村、白馬五竜テレキャビンからアルプス展望ペアリフトを乗り継ぎ、リフト終点から地蔵の頭(1673m)にある地蔵ケルン一帯を周遊する遊歩道がアルプス平自然遊歩道。地蔵の頭からは眼前に五龍岳、唐松岳・白馬三山、東に雨飾山や戸隠連

八方アルペンライン

八方アルペンライン

長野県北安曇郡白馬村、標高760mの八方から標高1831mの八方尾根の第1ケルン(村営八方池山荘)まで運行する、3種のゴンドラリフト、リフトの総称が、八方アルペンライン。長野オリンピックのスキー滑降コースのスタート地点まで上るもので、アルペ

白馬五竜テレキャビン

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!