第12回北アルプス「三蔵」呑み歩き|長野県大町市|2019

2019年9月7日(土)、大町市で『第12回北アルプス「三蔵」呑み歩き』を開催。清冽な北アルプスの伏流水を仕込みに使う岳都・大町には、「北安大國」を醸す北安醸造、「白馬錦」の薄井商店、「金蘭黒部」の市野屋商店と3つの酒蔵があります。参加費を払って、手作り猪口袋付き「利き猪口」を購入し、3つの酒蔵を訪ねて飲み比べるというイベント。「利き猪口」が参加証になっています。2019年は北アルプスブルワリーが新たに加わりミニビールの試飲も楽しめます。

「利き猪口」を購入して3つの酒蔵を訪ねよう!

「利き猪口」を販売するのは、いーずら大町特産館、創舎わちがい、大町温泉郷観光協会、 横川商店、吉澤酒店、イゲタボシ伊藤商店、一木宮坂商店。当時に限り、信濃大町駅前でも販売されます。

蔵では自慢の地酒を用意するほか、過去にはこのイベントだけ飲むことができる非売品の酒が出されたことも。

松本13:24発→信濃大町14:25着の臨時列車「北アルプス三蔵ほろ酔い号」も運転されるので、JR利用の場合はこの列車がおすすめ。
さらに大町温泉郷と街中を結ぶ「無料シャトルバス」も運行(「利き猪口」提示で乗車可能)。
大町温泉郷観光協会〜塩の道ちょうじや往復で、大町温泉郷観光協会始発14:00、塩の道ちょうじや発最終21:30でほぼ1時間ごとの運転を予定しています。大町温泉郷に宿泊の際はこのシャトルバスの利用を。
ご注意/このイベントに参加する場合は車の運転はできません。

北アルプス「三蔵」呑み歩き
参加証となる「利き猪口」を購入(写真は2016年もの)
 

3つの酒蔵+ブルワリーでは趣向をこらしたイベントを実施

北安醸造=呑み歩き当日は普段は覗けない奥まで入ることができるのも魅力
薄井商店=業界で注目を集めつつある空気の入らない樽容器「キーケグ」に詰めた特別なお酒(数量限定)を参考出展
市野屋商店=呑み歩き当日は、シンセサイザー奏者「影武者」演奏会を実施。お酒を片手に、幾棟もの建物の土壁に反響するシンセサイザーサウンドを楽しめます。
北アルプスブルワリー2019年7月オープンのブルワリー。北アルプスの湧水で仕込むクラフトビールを味わえます。ミニフード(有料)も販売。

このステッカーが目印に
このステッカーが目印に

北アルプス「三蔵」呑み歩き(大町市) DATA

開催日 2019年9月7日(土)、雨天決行
開催時間 15:00〜19:00
所在地 長野県大町市大町3300-1
場所 大町市・本通り/商店街周辺
電車・バスで JR信濃大町駅から徒歩10分
駐車場 100台(大町市営駐車場)/1時間まで無料、以降30分まで100円、以降30分ごとに50円
要ハンドルキーパーと一緒に参加
問い合わせ いーずら大町特産館TEL&FAX:0261-23-7511
関連HP 三蔵呑み歩き公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!