JR鉄道最高地点

JR鉄道最高地点

高原列車の代名詞ともいえるJR小海線(こうみせん)は、中央本線小淵沢駅(山梨県北杜市)としなの鉄道に接続の小諸駅(長野県小諸市)間の全長78.9km、29駅を結ぶ小海線。日本の鉄道の上位9駅までを独占する標高の高い駅が続き、野辺山駅(のべやまえき)近くで1374.906mのJR鉄道最高地点(長野県南牧村)を走ります。

高原列車小海線の最高所にある踏切

最高地点があるのは、野辺山~清里間の線路と、国道141号の旧道が交差する踏切。
線路北側にJR鉄道最高地点の標柱、南側に「日本鉄道最高地点の石碑」が立っています。

JRが鉄道最高地点といわず、JR鉄道最高地点と称しているのは、立山黒部貫光の室堂駅(標高2450m)の方がはるかに標高が高いため。
立山黒部貫光の立山トンネルトロリーバスは、架線から電気を得て走る「無軌条電車」で、実は鉄道の扱い。
ロープウェイ(鉄道事業法では「普通索道」 )を含めれば、駒ヶ岳ロープウェイ千畳敷駅(標高2612m)が最高所。
つまりは、通常の「線路を走る鉄道」での最高点がこの野辺山の踏切ということに。

名称 JR鉄道最高地点/じぇいあーるてつどうさいこうちてん
所在地 長野県南佐久郡南牧村野辺山
関連HP 南牧村観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR野辺山駅からタクシーで6分
ドライブで 中央自動車道小淵沢ICから約20km、須玉ICから約23km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 野辺山観光案内所 TEL:0267-98-2091
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
野辺山駅

野辺山駅

長野県南佐久郡南牧村(みなみまきむら)にあるJR東日本・小海線(こうみせん)の駅が野辺山駅(のべやまえき)。駅の標高は1345.67mで、JRの駅、そして日本国内の線路を走る普通鉄道の駅としては最高所となります。昭和10年11月29日開業の

JR鉄道最高地点

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!