第73回ウェストン祭|松本市|2019

ウェストン祭

2019年6月1日(土)~6月2日(日)、長野県松本市の上高地で『第73回ウェストン祭』が開催されます。6月1日(土)6:00 ~はウェストンも歩いた島々から徳本峠(とくごうとうげ)を越えて上高地まで記念山行。6月2日(日)10:00~の碑前祭はレリーフへ献花、黙祷、合唱、詩の朗読を開催。記念講演も実施。

『日本アルプスの登山と探検』のウェストンを偲ぶ

ウェストン祭
『ウェストン祭』の碑前祭

6月第1日曜10:00〜には、日本山岳会信濃支部主催で、上高地ウェストンレリーフ前で碑前祭がおこなわれます。
前日の土曜日には、かつてウェストンも歩いた島々谷から徳本峠を越え、上高地までの記念山行を実施。

『日本アルプスの登山と探検』(原著MOUNTAINEERING AND EXPLORATION IN THE JAPANESE ALPSは、1896年にロンドンのJ・ マレー社にて刊行)の著者で、日本アルプスを世界に紹介したウォルター・ウェストン(Walter Weston, 1861年12月25日~1940年3月27日/日本山岳会の名誉会員)氏を偲ぶ祭り。

上高地にウェストンレリーフ(額面型の浮彫胸像)が取り付けられたのは昭和12年のこと。
昭和17年に太平洋戦争にともないレリーフ撤去し、日本山岳会に保管(空襲で一部焼損)。
昭和22年に修復されたレリーフを上高地に復旧設置した際に始まったのが、この『ウェストン祭』なのです。
現在も行なわれている記念手拭いの頒布も昭和27年(『第6回ウェストン祭』)に始まったという伝統あるもの。

ウェストンと日本アルプス

ウェストン祭
徳本峠を越えて上高地に入る記念山行

明治24年、ウォルター・ウェストンは、当時の島々村の旅館「清水屋」の主人と島々村橋場地区の案内人3人とで徳本峠を越えて上高地へ入山。
横尾本谷から槍ヶ岳への登山を試みるも失敗しています。

翌明治25年に槍見河原から槍ヶ岳の登頂に成功。
明治26年には上條嘉門次と上條万作をガイドに選んで、前穂高岳の登頂に成功しています。
明治45年、大正2年にも槍ヶ岳、奥穂高に登頂。

ちなみに北アルプスをJapan Alpsと称した最初はウェストンではなく、ウィリアム・ガウランド(ウィリアム・ゴーランド/William Gowland)で明治10年のこと。
ガウランドは、明治10年に槍ヶ岳に登頂。

明治18年には上高地牧場が今の徳沢園一帯に開場され(徳沢園の草地は牧場の名残)、明神池では岩魚の養殖も行なわれていましたからすでに上高地は前人未踏の地ではなかったことになります。
 

第73回ウェストン祭|松本市|2019 DATA

第73回ウェストン祭|松本市|2019
開催日時 2019年6月1日(土)~6月2日(日)
関連HP 上高地公式ウェブサイト
所在地 長野県松本市安曇島々
場所 上高地ウェストン碑前広場
電車・バスで 松本電鉄新島々駅から松本電鉄バス上高地行きで1時間10分、終点下車、徒歩20分で上高地ウェストン碑
ドライブで 長野自動車道松本ICから約33kmで沢渡地区駐車場。路線バス・タクシーで上高地へ(マイカー規制実施中)。上高地バスターミナルから徒歩20分で上高地ウェストン碑
駐車場 沢渡地区駐車場(2156台/有料)
問い合わせ 松本市アルプス観光協会 TEL:0263-94-2221
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
上高地開山祭

上高地開山祭|松本市

上高地バスターミナル(上高地観光センター)

上高地バスターミナル(上高地観光センター)

 

ウェストン祭

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!