蝶ヶ岳「蝶」雪形

蝶ヶ岳「蝶」雪形

北アルプスで有名な雪形が白馬岳の代掻き馬と蝶ヶ岳(長野県安曇野市、松本市)の蝶の雪形。ともに山名の由来となった雪形です。蝶ヶ岳は常念岳から南に連なる2677mのピークで、蝶の雪形の雪渓の雪解け水は蝶沢となって本沢(烏川)になっています。初夏は蝶の雪渓、雪解け後はお花畑になります。

須砂渡からの登山道が、蝶の雪渓を通過

蝶ヶ岳「蝶」雪形
5月、できかけの蝶の雪形、雪解けが進んで完成形へ

安曇野市豊科から穂高地区一帯、さらには長峰山から眺望可能な蝶の雪形。
例年5月上旬〜6月中旬頃ですが、黒い胴体部分が生まれ(地元で「蝶の背が割れる」と表現します)、白い羽をあざやかに浮かび上がらせて蝶のかたちになるのは初夏になってから。

安曇野市側、須砂渡奥のから三俣から蝶ヶ岳に登る蝶ヶ岳三俣ルートなら、蝶ヶ岳ヒュッテの南東斜面の蝶の雪渓を登ります(6月はアイゼンが必要)。
夏山登山なら雪解け後の、ウサギギク、ミヤマキンポウゲ、コケモモなどのお花畑を登ることに(三俣駐車場から蝶ヶ岳ヒュッテまで、所要5時間30分)。

蝶ヶ岳
名称 蝶ヶ岳/ちょうがたけ
所在地 長野県松本市安曇上高地
関連HP 安曇野市公式ホームページ
問い合わせ 安曇野市観光交流促進課 TEL:0263-71-2000/FAX:0263-72-1340
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
白馬岳「代掻き馬」の雪形

白馬岳「代掻き馬」の雪形

北アルプスの名峰・白馬岳(しろうまだけ/2932.5m)。標高こそ3000mに満たないものの、冬場の厳しい気候などを反映して白馬大雪渓などの雪渓が多く、アルピニスト憧れの山のひとつに。その白馬岳の「白馬」という名の由来になったのが、山頂の横

五竜岳・武田菱

五竜岳「武田菱」の雪形

北アルプス、後立山連峰(うしろたてやまれんぽう)の五竜岳。遠見尾根には白馬五竜テレキャビンが架かっていますが、その五竜岳の山頂に4月上旬から5月中旬と比較的に長い期間現れるのが「武田菱」の雪形。「武田菱」とは、菱形四つを菱形に組み合わせた、

万能鍬

常念岳「万能鍬」雪形

春の農作業の開始時期を里人に告げる雪形。北アルプスでは白馬岳の山名の由来となった代掻き馬(しろかきうま=代馬)が有名ですが、常念岳(2857m/長野県安曇野市・松本市)では、前常念岳南側の谷に5月中旬〜5月下旬に雪渓となって万能鍬(ばんのう

常念坊

常念岳「常念坊」雪形

白馬岳、蝶ヶ岳など、北アルプスには雪形が山名になっているものがありますが、安曇野から眺めるピラミッド型の山容が印象的な常念岳(2857m/長野県安曇野市・松本市)もその派生。春先に前常念岳(2661.9m/安曇野市)の東面に常念坊が現れます

蝶ヶ岳「蝶」雪形

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!