天竜舟下り(信南交通)

天竜舟下り(信南交通)

長野県飯田市、天竜峡観光の目玉は天竜川の川下り。弁天港~天竜峡温泉港間、約1時間の船旅が楽しめるのが、天竜舟下り(信南交通)です。『伊那節』にうたわれる「しぶきがかかる」のフレーズが実感できるのは、弁天港~時又港間の鵞流峡(がりゅうきょう)あたり。予約優先なので、なるべく予約を。

しぶきがかかる豪快な舟下りを楽しむ

弁天港から赤い天龍橋をくぐった先の時又港まで6kmをおよそ35分かけて下る天竜舟下り(信南交通)。
湯の瀬、南原の瀬などダイナミックにはね上るしぶきをよけながら眺める景色は豪快。
しぶき除けのビニールシートを常備していますが、なるべく濡れても大丈夫な服装で乗船を。

マイカーの場合、車は弁天港に駐車し、着船場(時又港)から無料シャトルバスで弁天港に戻る仕組み。
乗船時には必ずライフジャケット(自動膨張式救命具)を着用するなど、安全対策を実施。

運営する信南交通は、地元のバス会社で、飯田市、下伊那郡で一般路線バスを運行するほか、東京、名古屋、長野(みすずハイウェイバス)への高速バス路線も。
船頭の中には3代にわたって船頭を続けるベテランも。

天竜川の舟下りは、江戸時代から続く天竜川での舟運の歴史をルーツに、大正6年に遊覧専門の舟下りが始まったという歴史ある舟下り。
信南交通のほか、天龍ライン遊舟(昭和41年創業)が、天竜舟下り(信南交通)の下流側、天龍峡温泉港〜唐笠港で運航しています

画像協力/信南交通地域観光事業部

天竜舟下り(信南交通)
名称 天竜舟下り(信南交通)/てんりゅうふなくだり(しんなんこうつう)
所在地 長野県飯田市松尾新井7170
関連HP 天竜舟下り(信南交通)公式ホームページ
電車・バスで JR伊那八幡駅から徒歩25分
ドライブで 中央自動車道飯田ICから約7km
駐車場 200台/有料
問い合わせ 天竜舟下り(信南交通)TEL:0265-24-3345/FAX:0265-23-3976
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
天竜ライン下り(天龍ライン遊舟)

天竜ライン下り(天龍ライン遊舟)

長野県飯田市、天竜峡温泉港~唐笠港間を1時間で下る天竜ライン下り(天龍ライン遊舟)。こちらは緩やかな瀞(とろ)状になった天竜川を滑るように下り、変化に富んだ天竜峡の渓谷美が存分に楽しめるコース。冬季を除き、途中船頭が投網を打つ投網ショーも実

天竜川

天竜川

諏訪湖の唯一の水の出口、長野県岡谷市の釜口水門を源流に、伊那谷を南下し、愛知・静岡県境を流れて静岡県浜松市と磐田市の境で遠州灘(太平洋)に注ぐ長大な河川が天竜川(てんりゅうがわ)。幹川流路延長は213kmで、日本第9位、流域面積5090平方

天竜舟下り(信南交通)

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!