長野電鉄「特急スノーモンキー」運転中

長野と志賀高原の玄関口・湯田中を結ぶ長野電鉄。「成田エクスプレス」としておなじみだったJR東日本253系を譲り受け(「成田エクスプレス」は全列車がE259系での運行)、露天風呂に入る猿(地獄谷温泉)=snow monkeyとして知られることから、「特急スノーモンキー」(Snow Monkey express train)として運転されています。

成田エクスプレスが長電のワンマン特急に変身!

snowmonkeyexpress05
 
長野電鉄では、成田エクスプレスに使われていた253系(3両編成)2編成(Ne-107、Ne-108)を譲り受け、ワンマン仕様に変更して「特急スノーモンキー」(Snow Monkey express train)として活用。
成田空港への往復に使われた広々とした車内が、「温泉に入る猿」をひと目見ようとスノーモンキー目当てでやってくる外国人にも好評です。

「特急スノーモンキー」の塗装は、成田エキスプレス時代の塗装のままのE1編成と赤白ツートンの新塗装になったE2編成(TOPの画像)の2タイプがあります。
成田エクスプレスの「N’EX」ロゴは消され、代わりに「snow monkey」のロゴが貼られています。

snowmonkeyexpress02
「特急スノーモンキー」のE1編成

1号車(湯田中方面の先頭車両)に設置されている成田エクスプレス時代のグリーン個室には「Spa猿〜ん」の愛称が付けられた4人用個室指定席に(1室のみ)。その他は自由席(回転リクライニングシート)になっています。
個室指定席券は、列車の始発駅で当日発売。
トイレは閉鎖され使用することができません。

元は成田エクスプレスなので、それなりに豪華な特急ですが、特急料金は100円。「Spa猿〜ん」の個室料金も定員4名で1室1000円とかなりお値打ち!
所要は長野〜湯田中が44分〜50分ほど。

snowmonkeyexpress03
かつてのグリーン個室は「Spa猿〜ん」となって1000円で利用可能

snowmonkeyexpress04
自由席は成田エクスプレス時代と変わりません
 

長野電鉄「特急スノーモンキー」 DATA

運行日 ホームページで確認を
料金 乗車券+特急券(大人100円、小人50円)、個室料金は1室1000円
地図
問い合わせ ながでんグループTEL:026-232-8121/FAX:026-232-8125
公式HP http://www.nagaden-net.co.jp/
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!