若穂蓮台寺のアジサイ見頃に

天平時代から続く長野市若穂綿内の古刹、蓮台寺。正式名は越智山九品院蓮台寺。
6月も下旬になるとアジサイが見頃を迎えます。

奈良時代創建の古刹にアジサイが咲く!

九品仏(くほんぶつ)さん(地元では「くんぶっつぁん」)と通称されるのは、阿弥陀如来の結ぶ印が9種類揃っているから。
上品上生(じょうぼんじょうしょう)、上品中生、上品下生、中品上生、中品中生、中品下生、下品上生、下品中生、下品下生という、浄土教における極楽往生の9つの階層を表しています。

寺伝によれば天平9年(733)頃の開基といわれる蓮台寺。
前述した「上品上生」から「下品下生」まで印相が異なった9体の阿弥陀如来像が揃っています。

平安時代末期の保安元年(1120)の火災で上品下生以外の8体は消失。その8体は元禄7年(1694年)に京の仏師により再造されています。

山里の古刹というイメージがピッタリの蓮台寺ですが、参道と境内に1800株のアジサイが植栽されています。
訪れる人も少ないので、のんびりと花見が楽しめます。
石段など一部荒れた場所もあるので、足腰の弱い人は十分注意して参詣を。

rendaiji02
 

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!