乗鞍エコーライン(乗鞍岳春山バス)/雪の回廊

乗鞍エコーライン(乗鞍岳春山バス)

長野県乗鞍高原(松本市)と乗鞍岳山頂・畳平を結ぶ乗鞍エコーライン(長野県道84号乗鞍岳線)。例年全線開通は7月1日。ゴールデンウィーク直前の4月下旬〜5月下旬頃までは位ヶ原山荘まで、さらに5月下旬〜6月には大雪渓肩の小屋口まで乗鞍岳春山バスが運転され、見事な雪の回廊を眺めることができます。

乗鞍エコーラインは通年、マイカー規制を実施

乗鞍高原三本滝から乗鞍岳山頂は通年マイカー規制が実施され、乗鞍高原観光センター駐車場などを利用し、アルピコバスに乗り換え。

乗鞍岳春山バスは、乗鞍高原観光センターが始発で、休暇村(休暇村乗鞍高原)にも停車。
乗鞍高原の宿に宿泊して利用するのがおすすめです。

雪の回廊となるのは、4月下旬〜5月下旬頃は位ヶ原山荘の上部、5月下旬〜6月の大雪渓から下の部分。
位ヶ原山荘バス停から10分ほど歩けば、甲斐駒ケ岳など南アルプスを眺望。

大雪渓肩の小屋口バス停で下車して乗鞍エコーラインを5分ほど雪の回廊ウォーキングを楽しめば、槍穂高連峰のビューポイントに到達します。
大雪渓肩の小屋口バス停〜位ヶ原山荘は4kmなので、歩いて下ることも可能です。
位ヶ原山荘は宿泊、軽食が可能(外来でのトイレ利用は有料です)。

7月1日~10月中旬は、乗鞍高原観光センターから乗鞍山頂・畳平までバスが運転されます(トップシーズンには乗鞍岳ご来光バスも運転されています)。
ちなみに、乗鞍エコーラインの長野県・岐阜県県境地点の標高は2716mで、目下、車(公共交通機関)で到達できる日本最高所になっています。

乗鞍エコーライン(乗鞍岳春山バス)/雪の回廊 DATA

乗鞍エコーライン(乗鞍岳春山バス)/雪の回廊
開通日 位ヶ原山荘まで=4月下旬〜5月下旬頃
全線開通=7月1日
関連HP のりくら観光協会公式ホームページ
所在地 長野県松本市安曇
場所 乗鞍エコーライン
問い合わせ のりくら高原観光案内所 TEL:0263-93-2147
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

乗鞍スカイライン開通/雪の回廊

2018.03.27

志賀草津高原ルート開通/雪の回廊

2018.03.24
 

乗鞍エコーライン(乗鞍岳春山バス)

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!