【信州の滝】北軽井沢の秘瀑 浅間大滝&魚止の滝

上信国境(群馬・長野県境)にそびえる鼻曲山(はなまがりやま/標高1655m)を源流とする熊川に懸かる滝が浅間大滝と魚止ノ滝。浅間大滝は北軽井沢最大の滝、そして魚止の滝はその下流に懸かる滝です。軽井沢への渋滞回避ルートとしてもすられる二度上峠(にどあげとうげ)を越える群馬県道54号長野原倉渕線の沿線にあるので、手軽にアプローチが可能。

かつては滝の横を草軽軽便鉄道が走っていた!

20万年〜25万年前に北軽井沢は巨大な湖だったことがわかっていますが、その南端に位置するのが「大学村」です。
大正9年、法政大学の松室致学長は、群馬県吾妻郡長野原町応桑(現・北軽井沢)の273haの土地を草津軽便鉄道から取得し、おもに法政大学の教職員の別荘村である「大学村」をつくりました。もともと広大な土地は北白川宮家の牧場だったもの。

その大学村の散歩コースだったのが浅間大滝です。熊川沿いには当時、草津軽便鉄道が走り、栗平、二度上には駅があり、とくに二度上駅(現在のプレジデントカントリー倶楽部軽井沢の北側)ではスイッチバックで高度差を克服しています。

浅間大滝へは群馬県道54号から脇道に入れば滝入口の駐車場まで車で入ることができます。魚止の滝横にある駐車場まで車で入れば、滝までは徒歩5分のアプローチ。

浅間大滝の下流、駐車場近くに落ちる魚止ノ滝

浅間大滝の下流、駐車場近くに落ちる魚止の滝

浅間大滝・魚止の滝 DATA

名称 浅間大滝・魚止の滝/あさまおおたき・うおどめのたき
所在地 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢
電車・バスで JR軽井沢駅から草軽交通バス北軽井沢行きで41分、または、草軽交通バス急行草津行きで35分、北軽井沢下車、北軽井沢からタクシーで5分
ドライブで 上信越自動車道碓氷軽井沢ICから33km(1時間)
駐車場 20台/無料
問い合わせ 北軽井沢観光協会TEL:0279-84-2047

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!