広大なキャベツ畑を一望に! 愛妻の丘&つまごいパノラマライン

嬬恋村は、浅間山麓の標高700m~1400mに広がる日本一の夏秋キャベツの産地。広大なキャベツ畑を走る広域農道がキャベツロードと呼ばれる「つまごいパノラマライン北ルート」。その途中には『キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ』(キャベチュー)イベントが毎年9月に開催される「愛妻の丘」があります。

浅間山をバックにキャベツが鈴なりになる光景をぜひ我が目でご覧あれ!

浅間山をバックにキャベツが鈴なりになる光景をぜひ我が目でご覧アレ!

『キャベチュー』開催時期はキャベツ出荷の最盛期

JAつまごいによれば、「キャベツの生育に一番適した温度は15度~23度くらい。これは標高の高い嬬恋村の6月~9月の平均気温と同じ。そのため夏の時期にキャベツは浅間高原で作られ、嬬恋の高原野菜の代名詞になっています。嬬恋村の標高700m~1400m地帯はキャベツ作りに最適なんです」とのこと。嬬恋村のキャベツは6月上旬に「はるかぜ」の出荷が始まり、7月上旬「やわらかキャベツ」、7月中旬の「高原キャベツ」と続きます。

『キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ』(キャベチュー)イベントが開催される9月上旬は、キャベツ出荷の最盛期。8月~9月には、1日10万~20万ケース、年間1000万ケース以上が全国各地に出荷されています。

広大な高原一帯にキャベツ畑が広がっています

広大な高原一帯にキャベツ畑が広がっています

走れど、走れどキャベツ畑のパノラマライン

NHK連続テレビ小説『ファイト』(平成17年)のロケ地にもなったキャベツ畑ですが、走れど、走れどキャベツ畑という道が「つまごいパノラマライン北ルート」。
もともとは、国営嬬恋幹線道路・浅間広域農道という国策で造られた広域農道です。平成14年に農林水産省から嬬恋村に移管され、嬬恋村道となっていますが、 北海道的な光景が展開するため、ツーリングにも人気の道になっています。

群馬県道59号草津嬬恋線交差点から国道144号までを結ぶ20kmが「つまごいパノラマライン北ルート」ですが、国道144号の合流点からさらに「つまごいパノラマライン南ルート」に接続するため、全長35kmのロングキャベツ畑ドライブが可能です。

愛妻の丘から浅間山と田代湖を眺望

愛妻の丘から浅間山と田代湖を眺望

つまごいパノラマライン北ルート

つまごいパノラマライン北ルート

■関連記事
第11回キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ(キャベチュー)

愛妻の丘 DATA

名称 愛妻の丘/あいさいのおか
料金 見学自由
所在地 群馬県吾妻郡嬬恋村田代大横平
ドライブで 上信越自動車道碓氷軽井沢ICから1時間17分。つまごいパノラマライン北ルートは冬期間(12月上旬~4月上旬)閉鎖
駐車場 10台/無料
問い合わせ 嬬恋村観光商工課TEL:0279-96-1515
公式HP http://www.aisaika.org/

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!