浅科どんどん祭り・納涼花火大会(佐久市)

浅間山と蓼科山の間に位置していることから、それぞれ一字ずつとって浅科(あさしな)という名前になった(昭和30年に浅科村誕生)という佐久市浅科地区(旧浅科村)。かつては中山道塩名田宿としても栄えました。そんな浅科の地区を挙げての夏祭りが『浅科どんどん祭り』。

「東信随一」といわれる尺玉花火は必見

昼の部『浅科どんどん祭り』と夜の部『納涼花火大会』に分かれ、昼の部では、浅科多目的屋内運動場一帯を会場に、魚のつかみどり大会、炭火焼体験、ふれあい広場(飲食サービスコーナー)、ターゲットナイン、ミニSL搭乗、射的ゲーム、浅科音頭ほか盆踊り、中山道宿場太鼓演奏など。

夜の部は納涼花火大会で、「東信随一」といわれる尺玉花火(10号玉)が打ち上げられる『納涼花火大会』。
 

浅科どんどん祭り・納涼花火大会 DATA

開催日 8月14日
開催時間 13:00~21:00 (花火は19:15~21:00)
打上数 2000発
所在地 長野県佐久市塩名田1155-1
場所 千曲川浅科グラウンド周辺
地図
電車・バスで JR佐久平駅からバスで10分
ドライブで 上信越自動車道佐久ICから10分。会場周辺で交通規制が実施されます
駐車場 300台/無料
問い合わせ 佐久市浅科支所TEL:0267-58-2001

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!