栖林寺のシダレザクラ

栖林寺のシダレザクラ

駒ヶ根市にある永覚山栖林寺(せいりんじ)は、元和元年(1615年)、光沢山青松院(現・山梨県甲府市山宮町)の末寺として開かれた寺。伊那諏訪八十八霊場の六十八番札所。境内に咲くシダレザクラは、樹齢250年、樹高19m、幹回り2.5mの巨樹で、残雪の中央アルプスを借景にして咲く様は実に見事です。

残雪の中央アルプスを借景にして咲く

栖林寺のシダレザクラ

樹齢400年の赤松、参道の三界萬霊塔、寒念仏供養塔など見どころも多いのですが、現在は宮田村の真慶寺が兼務しています。
シダレザクラの見頃は例年4月中旬頃。

伊那谷でも南アルプス側の高台に位置するので、中央アルプス側の眺めいいのが特徴です。
 

栖林寺のシダレザクラ DATA

名称 栖林寺のシダレザクラ/せいりんじのしだれざくら
所在地 長野県駒ヶ根市東伊那2890
関連HP 駒ヶ根市公式ホームページ
電車・バスで JR駒ヶ根駅からタクシーで20分
ドライブで 中央自動車道駒ヶ根ICから10km
駐車場 10台/無料
問い合わせ 駒ヶ根観光協会 TEL:0265-81-7700/FAX:0265-81-7755
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

栖林寺のシダレザクラ

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!