安富桜(飯田市美術博物館)

安富桜(飯田市美術博物館)

飯田市美術博物館の庭にある長野県の天然記念物(「長姫のエドヒガン」)にも指定される古木の名桜が安富桜。推定樹齢450年のエドヒガンで、安富桜と呼ばれるのは、飯田城主代々の家老、安富家の邸跡に咲くため。例年の花の見頃は、4月上旬~4月中旬頃。

美術館の庭に咲くエドヒガンの古木

堀親昌が飯田藩主として下野国烏山藩(元・栃木県那須烏山市)から2万石で入部した寛文12年(1672年)に植えられたものと伝えられています。
飯田市内の愛宕町のある愛宕稲荷神社は、樹齢750年の清秀桜で有名ですが、同じ境内には安富家から奉納されたエドヒガンの千代蔵桜も咲きます。
 

安富桜(飯田市美術博物館) DATA

名称 安富桜(飯田市美術博物館)/やすとみざくら(いいだしびじゅつはくぶつかん)
所在地 長野県飯田市追手町2-665-7
関連HP 飯田市美術博物館公式ホームページ
電車・バスで JR飯田駅から徒歩20分
ドライブで 中央自動車道飯田ICから約4.9km
駐車場 80台/無料、北側道路(県合同庁舎、飯田中央図書館側)から進入
問い合わせ 飯田市美術博物館 TEL:0265-22-8118/FAX:0265-22-5252
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

安富桜(飯田市美術博物館)

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!