戸狩温泉の高源院で『あじさいまつり』

信州でもっとも遅い時季にアジサイが開花するというのが戸狩スキー場の麓に位置する三嶋山高源院(曹洞宗)。
地元では「あじさい寺」として知られています。

800株1万本のアジサイが開花

高源院のアジサイは、自生していたものを主に、約20年ほど前から江澤一遠住職の母が植え始めて増やしたもの。
その数は西洋アジサイを主体に800株、1万本。毎年20株ほど増やされているので、1000株突破も視野に入ります。

杉並木に囲まれた高源院は、日向と日陰の日照の差が大きく、花の種類も約20種と多いため、開花時期がさまざま。
「例年6月下旬〜7月中旬と、比較的長い間花を楽しむことができます」(戸狩観光協会)とのこと。

高源院は、民宿も営んでおり「信越トレイル」や「森林セラピー」の認定宿にもなっています。
また、戸狩温泉スキー場を開発したのも高源院26世で、旧太田村(飯山市合併以前は太田村でした)の村長を務めた忠安雄孝氏。
つまり、高源院は庫裡を開放して民宿高原荘を営んでいるのです。

shinshuazisai
 

高源院あじさいまつり DATA

開催日 2016年6月18日(土)~7月18日(月・祝)
所在地 長野県飯山市豊田6356
場所 三嶋山高源院
地図
電車・バスで JR飯山線戸狩野沢温泉駅から徒歩30分。または、タクシーで5分
ドライブで 上信越自動車道豊田飯山ICから17km(20分)
駐車場 15台/無料
問い合わせ 高源院TEL:0269-65-2202

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!