天空の楽園 Winter Night Tour ‐STARS BY NAKED‐(阿智村)

長野県の南端、岐阜県と接して、昼神温泉と「花桃の里」で有名な阿智村。「日本百名山」の恵那山の山腹にある「富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら」で、2016年12月3日(土)〜2017年3月31日(金)の期間中、日本一の星空とプロジェクションマッピングなどの光と映像によるショーが行なわれます。

阿智村・天空の楽園

「星が最も輝いて観える場所」で冬の夜空を見上げよう!

恵那山麓の豊かな自然に囲まれた阿智村は、環境省の実施する全国星空継続観察で「星が最も輝いて観える場所」の第1位(2006年)に認定されたスターウォッチングの村。その美しい星空をテーマに、2012年にスタートした「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」には、全国各地から累計22万人を超える観光客が訪れています。

2016年12月3日(土)からは、阿智村の日本一の星空とプロジェクションマッピング等の光と映像によるショーのコラボレーション『天空の楽園 Winter Night Tour ‐STARS BY NAKED‐』を開催いたします。これにあわせて、名鉄バスでは、「冬のバス旅キャンペーン」を展開してします。

光と映像によるショーでは、阿智村の四季や自然などをモチーフとした映像や、人の動きに合わせて映像が投影されるインタラクティブの技術も利用し、アナログとデジタルを融合させた演出を実施。

「名鉄バス×昼神温泉 冬のバス旅キャンペーン」

『天空の楽園 Winter Night Tour ‐STARS BY NAKED‐』開催期間中の2016年12月3日(土)〜2017年3月31日(金)、名古屋(名鉄バスセンター)からの中央道高速バスを往復利用し、昼神温泉のキャンペーン対象旅館(11軒)に宿泊すると1200円の館内利用券「お宿満喫チケット」(宿泊する旅館限定の館内利用券)がプレゼントされる「冬のバス旅キャンペーン」を実施。
なお、お得な往復乗車券(片道2210円のところを往復4000円)も発売されています。
名鉄高速バス飯田線、名鉄高速バス伊那線=飯田線、伊那線、合せて1日24往復/所要1時間30分/全便女性専用席(6席)を用意

■キャンペーン対象旅館
日長庵 桂月/昼神グランドホテル天心/おとぎ亭 光風/ホテルはなや/ユルイの宿 恵山/阿智村保養センター 鶴巻荘/万葉茶寮 みさか/旅館 薬師館/湯元ホテル阿智川/懐石と炉ばたの宿 吉弥/昼神の棲 玄竹

winternight03

特急ワイドビューしなの号で行く!日本一の星の村

『天空の楽園 Winter Night Tour ‐STARS BY NAKED‐』期間中、「阿智☆昼神バス 南木曽便」を運行します。予約制で、2日前までに阿智☆昼神観光局TEL0265-43-3001、または宿泊先に連絡を。阿智☆昼神バス南木曽便の運行にあわせて、JR東海とタイアップした、旅行商品『ワイドビューしなの号で行く!「日本一の星空 昼神温泉」』も発売中です。詳しくは、ジェイアール東海ツアーズ各支店へ(名古屋駅発着の場合1万6600円~2万8800円)。

■料金:往復2800円
■行程:往路=南木曽駅11:15⇒妻籠宿(自由散策11:30〜12:45)⇒昼神温泉13:30
    復路=昼神温泉14:30⇒妻籠宿15:15⇒南木曽駅15:30
■所要時間:往路2時間15分(妻籠宿での散策時間あり)、復路1時間
■運転本数数:1日1便運行
■運行条件:最少催行5名(定員20名)
■その他:2歳以上有料(1歳以下でも席が必要であれば有料)、ガイド、添乗員は同行しません
       
hirugami01
hirugami02

天空の楽園 Winter Night Tour ‐STARS BY NAKED‐ DATA

開催日 2016年12月3日(土)〜2017年3月31日(金)
所在地 長野県下伊那郡阿智村智里3731-4
場所 富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら
地図
ドライブで 中央自動車道園原IC(名古屋方面行きのみ)から10分。中央自動車道飯田山本ICから30分
駐車場 2000台/無料
問い合わせ ヘブンスそのはらTEL:0265-44-2311
■バスの予約
名鉄高速バス予約センターTEL:052-582-0489(受付時間8:00~19:00)
■宿泊の予約
阿智☆昼神観光局TEL:0265-43-3001(受付時間9:00~18:00)
公式HP ■名鉄バス株式会社 WEBサイト
http://www.meitetsu-bus.co.jp/
■スタービレッジ阿智誘客促進協議会 WEBサイト
http://sva.jp/
■株式会社阿智昼神観光局 WEBサイト
http://hirugamionsen.jp/

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!