田立の花馬祭り(南木曽町)

10月の第1日曜に行なわれる五穀豊穣に感謝する南木曽町(なぎそまち)田立地区の祭り。鞍に花(竹ひごにたくさんの色紙を付けたもの)を飾った3頭の木曽馬が、笛太鼓の先導で中央本線田立駅前を出発し、五宮(いつみや)神社へと練り歩きます。神社では行列が境内を3周した後、待っていた人が馬に殺到し、花を取り合います。

最後には五宮神社境内で花の取り合いが

五宮神社は、明治41年に、明治の神社合祀の世相を反映し、南宮社、大平社、八幡社、熊野白山社、神明社が合祀し、南宮社が鎮座した地に創建された神社。
花馬は、湯立神事を行なっていた神明社を除く4社で齋行されていたもの。

源平時代に木曽地方を拠点にしていた木曽義仲(源義仲)が坂下神社(岐阜県中津川市)に戦勝祈願をしたことが始まりとされ、やがて形を変えて五穀豊穣や安産、家内安全などの成就を感謝する祭となりました。中津川市坂下の坂下神社、南木曽町田立のほか、武芸八幡宮(岐阜県関市)に伝承されています。

南木曽町田立野『田立の花馬祭り』は、長野県の無形民俗文化財に指定。長野冬季オリンピックでは、田立の花馬が閉会式の芸術プログラムに採用されています。
神馬の先頭馬には神が宿るヒモロギ(神を迎えるための依り代)を、中馬には豊作を表す菊を、後馬には南宮社社紋の日月の幟を立て、その周囲に五色の色紙によって稲穂をかたどった竹を365本ほど差し回しています。
最後には境内で花を取り合いますが、花を家に持ち帰って、家の入口に飾ると家の内に厄病神が入らない、田の畦(あぜ)に差すと虫除けの守りになるといわれています。
とくにヒモロギを取った人には最大の幸福があるのだとか。

『田立の花馬祭り』の前夜には、『田立歌舞伎』も上演されます。江戸時代の享保14年(1729年)に初演された歴史ある農村歌舞伎で、江戸時代から明治時代には木曽谷の娯楽として発展しました。

田立の花馬祭り(南木曽町) DATA

開催日 10月第1日曜
開催時間 12:30〜14:30
所在地 長野県木曽郡南木曽町田立
場所 JR田立駅前〜五宮神社(いつみやじんじゃ)
地図
電車・バスで JR田立駅から徒歩すぐ
ドライブで 中央自動車道中津川ICから30分
問い合わせ 南木曽町観光協会TEL:0264-57-2001/FAX:0264-57-2270

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!