須坂祗園祭

須坂市の夏を彩る『須坂祇園祭』。7月21日の「天王おろし」では笠鉾巡行。7月25日の「天王あげ」では灯籠行列が行なわれます。祭神・牛頭(ごず)天王が乗った華麗な大神輿を中心に、須坂市に現存する11基の笠鉾や山車・御神楽が、蔵のまちなみを練り歩きます。

笠鉾の上には神の依代が立つ!

21日の「天王おろし」笠鉾行列は、8:30に墨坂神社・芝宮を出発。
巡行後、牛頭天王神輿は芝宮の「御旅所」に安置され、笠鉾は再び会館に戻ります。
牛頭天王神輿の下をくぐると穢(けがれ)が払われるといわれています。

笠鉾の笠は下を横幕で包み、上には神の依代(よりしろ=神霊が寄りつくもの・ご神体)が立っています。
これは各町で違い、瓢箪と芭蕉・千成瓢箪・猿三番叟(さるさんばそう)・太鼓に鶏・金の御幣・天鈿女命(あまのうずめのみこと)・素戔鳴命(すさのおのみこと)・御幣(ごへい)・降魔神剣(こうましんけん)などがあります。

25日は「天王あげ」といい、20:00頃、御旅所を出発し、灯籠行列とともに神輿は町内を練り歩き墨坂神社・芝宮に帰ります。

もともとは、江戸時代に須坂藩主堀家の御霊祭として始まったもの。その後、経済力をつけた町民が、笠鉾や屋台をつくり祭りのかたちができあがりました。

須坂祗園祭・笠鉾巡行

須坂祗園祭 DATA

開催日 7月21日・7月25日
開催時間 7月21日8:00〜、7月25日19:30〜
所在地 長野県須坂市須坂春木町1048
場所 墨坂神社芝宮周辺
地図
電車・バスで 長野電鉄須坂駅から徒歩7分
ドライブで 上信越自動車道須坂長野東ICから5km(15分)
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 須坂市観光協会TEL:026-215-2225
公式HP http://www.culture-suzaka.or.jp/kasaboko/event.html

オススメ記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!